クラウド化を活用

インターフェイス

勤怠クラウド

勤怠管理をクラウド化する為には、月額料金を支払う必要があります。 しかし、この機能を導入するのに大きな費用などは殆どかからないので、勤怠管理に人件費などが多くかかるようであれば活用した方が良いでしょう。 無料体験を行う事ができる時期なども用意されている事が多いので、試した上で導入する事も可能です。 試せる期間は30日間での設定が多いので、1ヶ月だけ試した状態で翌月から使用するかを選べます。 無料でのサポートなどを受ける事ができるシステムを用意している企業も多いです。 ですから、勤怠管理を行う上で理解できない事柄などがあれば、そういったサポートなどを積極的に利用すると理解できます。 資料請求を行い、詳しい内容を知った上で申し込むとベストです。

効率化比較

タイムカードなどでの勤怠管理との比較をした場合、クラウド化を行うと、効率的に集計作業を行う事が可能です。 また、サーバーはクラウド式であれば自社サーバーでの管理が不要となるので、初期費用などが膨大にかかったりすることがないです。 外出先からの打刻を可能とする事もできます。 更に、本人以外の人が打刻する事を防止する事ができるので、不正打刻の防止を行う事ができるでしょう。 給与ソフトなどとの連携を行えば、データのインポートを行う事で格段に手間が減ります。 個人の残業申請や有給申請なども簡易的になる可能性が高いです。